ソニーの「ザ・インタビュー」、初日の興行収入100万ドル突破

更新日時

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (SPE)のコメディー映画で、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を 題材にした「ザ・インタビュー」は公開初日の25日に興行収入が100万 ドル(約1億2000万円)を突破した。同映画をめぐってはテロをほのめ かす脅迫があり、限られた劇場での公開となったが無事に初日を終え た。

ザ・インタビューは全米300カ所以上の劇場で公開されたほか、グ ーグルのオンラインストア「グーグル・プレイ」やその他ウェブサイト でも配信された。マイクロソフトの「Xboxビデオ」や動画共有サイ ト「ユーチューブ」の映画購入では1位になった。

ハッカーによる脅迫を受けて大手映画館チェーンが上映を見合わせ る中、映画ファンはあえて大型スクリーンで同映画を見ようと劇場に出 かけた。米連邦捜査局(FBI)はハッカーと北朝鮮当局との関連を指 摘している。SPEは当初、25日の封切りを見送る判断を下したが、オ バマ米大統領や共和党全国委員会による批判を受けて方針を変更し、独 立系映画館で公開した。

19の映画館を運営するアラモ・ドラフトハウスの最高ブランド責任 者、クリスチャン・パークス氏はインタビューで、初日のチケットは完 売したと述べた。上映前には毎回、セス・ローゲン、エバン・ゴールド バーグ両監督が観客に感謝の意を伝えるビデオメッセージが流され、パ ークス氏によると「フェスティバルやパーティーのような雰囲気だっ た」という。

原題:Sony’s ‘The Interview’ Takes in $1 Million on Christmas Day (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE