民主・岡田代表代行が代表選出馬へ、党再建目指す-細野氏らと激突

民主党の岡田克也代表代行は25日午後、党本 部で記者会見し、海江田万里代表の辞任表明を受けた党代表選(1月7 日告示、18日投開票)への立候補を表明した。

岡田氏は党本部で開いた記者会見で、「民主党の代表選挙に出る決 断をした」と言明。「政権交代可能な政党を作ること。人口の急激な減 少や財政の赤字に対してきちんと方向付けをすること。この二つを進め ていくためには民主党を何が何でも立て直していかないといけない。そ の先頭に立たなければいけない」と決意を語った。

民主党は14日の衆院選で73議席と公示前勢力より11議席上積みした が、党代表の海江田氏が落選した。代表選には細野豪志元幹事長(43)が すでに出馬を表明したほか、蓮舫参院議員(47)も意欲を示している。

岡田氏は1953年7月生まれの61歳。2004年5月から05年9月まで代 表を務めた。東大法学部を卒業後、旧通産省を経て1990年の衆院選で初 当選。自民党に所属していたが93年に小沢一郎氏らと離党した。98年の 民主党結成に参加。与党時代は外相、幹事長、副総理などの要職を歴任 した。父親はイオン名誉会長相談役の岡田卓也、実兄が同社長の元也 氏。現在9期目。

--取材協力:広川高史.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE