タカタ:外国人社長が取締役に降格、創業家トップの責務増す

エアバッグ問題の渦中にあるタカタは外国人 社長が取締役に降格し、創業家の高田重久会長兼最高経営責任 者(CEO)が社長を兼務することになった。意思決定の迅速化を図る一 方、高田氏はこれまで以上に重い責務を追うことになる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。