トリシェ前ECB総裁:G7に通貨合意の好機-インタビュー

トリシェ前欧州中央銀行(ECB)総裁は、 世界的な通貨切り下げ競争を回避するため、日米欧の先進7カ国(G 7)にとって今が新たな通貨合意を取りまとめる「好機」だとの考えを 示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。