エボラ試料で扱いミス、助手1人がウイルスにさらされた恐れ

米疾病対策センター(CDC)でエボラ出血 熱の研究のために使われていた試料が誤った実験室に運ばれた結果、助 手1人がエボラウイルスにさらされた可能性があることが分かった。 CDCの高致死率の病原体の取り扱いをめぐっては、今年に入ってミス が相次いでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。