ゲーム開発のエクストリーム、初値は公開比4.0倍の5550円

更新日時

東証マザーズ市場に25日に新規上場したエク ストリームは、上場2日目の26日、公開価格1400円に対して4.0倍とな る5550円の初値を付けた。

同社はオンラインゲームやソーシャルアプリなどエンターテインメ ント系ソフトウエアの開発、運営を行う。初日は公開価格比2.3倍 の3220円買い気配のまま取引を終えていた。

設立は2005年5月で、東京都豊島区に本社を置く。コンテンツプロ パティ事業ではゲームの企画・開発や運営を行い、ソリューション事業 では200人を超えるクリエイターとエンジニアが取引先に常駐、エンタ ーテインメント系や業務系コンテンツの開発に携わる。ゲーム配信タイ トルには「桃色大戦ぱいろん」シリーズなどがある。

15年3月期業績は、売上高が前期比27%増の16億9700万円、営業利 益は1億9000万円(前期実績は200万円)、1株利益は121.68円を見込 む。上場に際し、公募25万株(うち自己株処分1万4200株)、オーバー アロットメントによる売り出し3万7500株を実施。主幹事は大和証券が 務める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE