ロシア財務相:15年の財政赤字、予想以上に悪化の可能性

ロシアのシルアノフ財務相は、同国経済がリ セッション(景気後退)入りする方向に向かっており、来年の財政赤字 は当初計画を「大幅に超える」恐れがあるとの見通しを示した。

同財務相はモスクワで記者団に対し、「歳入が減少し主要な歳出を 完全に賄うことになれば、準備金を切り崩し赤字を拡大せざるを得なく なるだろう」と指摘。「赤字が1年だけならばさほど恐れることはな い。将来の予算の用意を整えることが最も重要だ」と述べた。

ロシアにとって最大の収入源である原油価格は5年ぶりの安値近辺 に落ち込んでおり、ウクライナをめぐる欧米の対ロシア経済制裁による 打撃に拍車を掛けている。ロシア中央銀行のストレスシナリオによれ ば、原油価格がバレル当たり平均60ドルとなれば、来年の国内総生産 (GDP)は少なくとも4.5%縮小する可能性があるという。

ロシア政府が打ち出した1兆ルーブル(約2兆2400億円)規模の銀 行資本増強計画により、同国の今年の財政赤字はGDP比0.8-0.9%に 達し、過去4年間で最大となる見通し。当初は0.6%の黒字が見込まれ ていた。

原題:Russia Raises Forecast Deficit for Next Year as Recession Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE