米カーライルが14年のPE取引トップ-2日間で3件の買収

プライベート・エクイティ(PE、未公開 株)投資会社、米カーライル・グループの創業者らは先週、ホリデーシ ーズンの映像配信のために小休止した後、2日間で3件の取引をまと め、今年最も活躍した投資会社の地位を固めた。

カーライルはウォーバーグ・ピンカスとともに22日にカナダの格付 け会社DBRSの買収に合意。23日にはイタリアのエレベーターメーカ ー、セマティック・グループを買収すると発表し、さらにアジア・サテ ライト・テレコミュニケーションズ・ホールディングスの持ち分取得と 同社に買収提案することに合意した。

調査会社プレキンのアナリスト、アンソニー・レオン氏は「カーラ イルは取引の件数と総額の両方で最も活躍したPE会社だ」と指摘し た。

プレキンによると、カーライルは12月2日までに52件、総額270億 ドル(約3兆2400億円)の取引をまとめた。これはブラックストーン・ グループの150億ドルやKKRの140億ドルを上回る。カーライルはPE やクレジット資産、不動産、ヘッジファンドで2030億ドルを運用する。

ブルームバーグの集計データによると、世界のPE会社が今年合意 した取引の総額は1370億ドルと、2013年に比べ4%減少した。

原題:Carlyle Inks Deal in Each Major Continent to End Year as Busiest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE