中国株:続落、当局が相場過熱抑制との観測-金融株が安い

更新日時

中国株は続落。世界の主要株式市場でここ1 カ月最も大きく上げてきた中国株式相場の熱を冷ます措置を中国当局が 講じているとの見方が広がった。

中信証券(CITIC証券、600030 CH)と海通証券(600837 CH) は共に9.1%安。一部の証券会社がリスク管理のため、信用取引と空売 りの基準を引き上げたと21世紀経済報道が伝えた。先週開設された株取 引の口座数は29%減少した。中国建設銀行(601939 CH)と不動産開発 の万科企業(000002 CH)はいずれも5%を超える値下がりとなった。

上海総合指数は前日比2%安の2972.53で終了。23日は3%下げ た。CSI300指数は2.8%安。前日は2.1%安で引けていた。

浙商証券の張延兵アナリストは「最近の相場上昇の後で利益確定売 りが出た。金融株はこのところ大きく上昇していたので調整に入ってい る」と述べた。

香港株式市場はクリスマスを控え短縮取引。ハンセン中国企業株( H株)指数は前日比1%安、ハンセン指数は0.1%高で取引を終えた。

原題:China Stocks Fall for Worst Two-Day Loss in 18 Months on Brokers(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE