北朝鮮、2011年にソニー攻撃のハッカーから支援受けた可能性

ソニーの社内情報を狙った最近のサイバー攻 撃には、同社のゲーム配信を手掛ける「プレイステーションネットワー ク(PSN)」がサービス停止に追い込まれた2011年の攻撃など、数年 間にわたって同社を標的にしてきたハッキング活動家「ハクティビス ト」集団が関与している可能性がある。

オバマ米大統領と米連邦捜査局(FBI)は先週、今回の攻撃には 北朝鮮が関与していると断定した。ただ、独自に調べを進めているサイ バー情報会社インテルクローラーはこの攻撃に関して幾つかの手掛かり を発見した。

同社の調査によると、今回の攻撃を仕掛けたとしている集団「平和 の守護神(GOP)」は、今年の先のソニーへの攻撃で犯行声明を出 し11年の攻撃にもかかわったハッカー集団「リザード・スクワッド」と 関係がありそうだ。双方の集団のメンバーはネットへの書き込みで同じ 言葉遣いやスラングを使用している。互いのソーシャルメディアのアカ ウントに重複した書き込みがあり、似たような脅迫を行っているほか、 ほぼ同じスケジュールで攻撃を実行している。

インタークローラーのダン・クレメンツ社長によれば、こうした関 係は北朝鮮とハクティビストがソニー・ピクチャーズエンタテインメン トに対する一連の攻撃のうち別々の部分で協力したか、あるいは二重に 攻撃を仕掛けた可能性があることを示唆している。両グループともクリ スマスにソニーへの不意打ち攻撃を準備中だと表明。リザード・スクワ ッドは現在は停止中のツイッターのアカウントに「クリスマスのプロジ ェクトでGOPと協力している」と書き込んでいた。

原題:North Korea May Have Had Help With Attack From 2011 Sony Hackers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE