米GDP:第3四半期は5%増、03年以来最大-個人消費に伸び

更新日時

7-9月(第3四半期)の米実質国内総生産 (GDP)確定値は、約10年ぶりの高い伸びを示した。個人消費や企業 設備投資が改定値から上方修正された。

米商務省が23日発表した第3四半期GDP(季節調整済み、年率) 確定値は前期比年率5%増と、改定値の3.9%増から上方修正さ れ、2003年第3四半期以来で最高だった。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミストの予想中央値は4.3%の増加。

経済全体の約7割を占める個人消費は3.2%増。改定値は2.2%増だ った。ヘルスケア関連や娯楽、金融サービスへの支出拡大が上方修正に つながった。耐久財、非耐久財消費はいずれも改定値から上方修正され た。個人消費のGDPへの寄与度は2.2ポイント。

非住居用構築物や機器、ソフトウエアや研究開発を含む知的財産な ど広範にわたる企業の投資も上方修正された。

貿易赤字の縮小で純輸出はGDPに0.8ポイント寄与した。

連邦政府支出の寄与度は0.7ポイント。特に国防支出は2009年以来 で最も拡大した。

ださい。

原題:Economy Grows by Most in a Decade on U.S. Consumer-Spending Gain(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE