米ゴールドマン、金属保管事業を富豪のルーベン兄弟に売却

米ゴールドマン・サックス・グループ は、2010年に買収した金属保管事業のメトロ・インターナショナル・ト レード・サービシズを富豪のサイモンおよびデービッドのルーベン兄弟 に売却した。米上院は先月、同部門による価格操作の可能性を指摘して いた。

ゴールドマンは22日の発表で、売却条件は明らかにしなかった。上 院の常設調査小委員会が先月公表した文書によれば買収時の取得価格は 4億5100万ドル(現在の為替レートで約540億円)だった。

米議会と監督当局は銀行の商品現物市場への関与が金融システムに リスクをもたらすことを警戒し調査している。先月の上院小委員会の報 告は、ゴールドマンがアルミニウムを倉庫から倉庫へ動かすことで顧客 が支払う保管料やアルミに連動する金融商品の価格に影響を与えていた 疑いを指摘していた。

ゴールドマンの商品プリンシパル投資グループ世界責任者のジャッ ク・ガビロン氏は当時、上院での公聴会でメトロ売却の打診を受けてい ることを明らかにしていた。市場操作の疑いについては否定した。

原題:Goldman Sells Metals Unit to Billionaire Reubens After Probe (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE