NY金(23日):続落、米GDPが堅調で-逃避需要減退

ニューヨーク金先物相場は続落。米実質国内 総生産(GDP)成長率が市場予想を上回ったことから、代替投資とし ての金の需要が減退した。

RBCキャピタル・マーケッツの貴金属ストラテジスト、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「ドルや株式 に投資資金が集まっている」と指摘。「米金融当局は利上げの時期を決 めるため、引き続き一つ一つのデータを重視するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.2%安の1オンス=1178ドルで終了。

銀先物3月限は0.5%高の1オンス=15.767ドル。プラチナ先物は 上昇した一方、パラジウム先物は下落した。

原題:Gold Falls for Second Day as U.S. GDP Growth Crimps Haven Demand(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE