23日のインド株式市場では指標のS&Pセン セックス指数が4営業日ぶりに下落した。重要な経済関連法案が可決さ れることなく同国議会が今年の審議を終了したことが背景。

5営業日ぶりに値下がりした産銅会社セサ・スターライトを中心に 金属株が下落。国内最大の民間電力会社タタ・パワーは1週間ぶりの大 幅安。石炭最大手のコール・インディアも5日ぶりに下げた。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.7%安の27506.46で終 了。一時は0.5%上昇していた。モディ首相率いるインド人民党 (BJP)は保険業界への外資出資の上限引き上げ法案を通過させるこ とができず、上院で議席を増やすまでその他の経済改革も滞るとの見方 が広がった。

原題:Indian Stocks Drop First Time in Four Days Amid Reforms Concern(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE