米ギリアド株急落、薬剤給付管理会社がC型肝炎薬に選択せず

22日の米株式市場で、医薬品開発のギリア ド・サイエンシズの株価が急落。米最大の薬剤給付管理会社(PBM) が、C型肝炎で最も多いタイプの患者向けの唯一の治療薬として米アッ ヴィの医薬品を選択したことが嫌気された。保険会社は上昇する医薬品 コストの抑制を目指している。

PBMのエクスプレス・スクリプツ・ホールディングは価格引き下 げと引き換えに医師の治療の選択肢を狭める決定を下した。同社は米国 で最も多いC型肝炎のタイプであるジェノタイプ1型の治療薬として、 アッヴィの「ヴィキラ・パック」を最も広く利用されている承認薬リス トに加える。

ニューヨーク時間午前9時37分現在、ギリアドの株価は前日比12% 安の95.30ドル。時価総額にして200億ドル(約2兆4000億円)近くが吹 き飛んだ。アッヴィは1%未満上昇し67.96ドル。

原題:Gilead Drops After Drug Manager Blocks $1,000 Hepatitis C Pill(抜粋)

--取材協力:Caroline Chen、Anna Edney.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE