米ギリアド株急落、薬剤給付管理会社がC型肝炎薬に選択せず

22日の米株式市場で、医薬品開発のギリア ド・サイエンシズの株価が急落。米最大の薬剤給付管理会社(PBM) が、C型肝炎で最も多いタイプの患者向けの唯一の治療薬として米アッ ヴィの医薬品を選択したことが嫌気された。保険会社は上昇する医薬品 コストの抑制を目指している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。