中国・香港株:H株指数が2週間ぶり大幅高-大型株に買い

更新日時

香港上場の中国本土株から成るハンセン中国 企業株(H株)指数は上昇、約2週間ぶりの大幅高で引けた。中国当局 が新たな景気支援策を講じるとの観測に加え、現在の原油安が行き過ぎ との見方が材料視された。

香港市場では中国工商銀行(1398 HK)が3.4%高、ペトロチャイナ (中国石油、857 HK)が4.1%高となるなど金融とエネルギー株が上げ を主導した。

中国本土市場では、華能国際電力(600011 CH)が10%高となり、 電力株も買われた。中国で電力改革が実施されるとの観測が材料視され た。小型株の指標、創業板(チャイネクスト)指数の構成銘柄で2番目 に大きい楽視網信息技術(300104 CH)は10%安。

H株指数は前週末比3%高の11744.02で引けた。これは4日以来の 大幅高。ハンセン指数は同1.3%高。

上海総合指数は前週末比0.6%高の3127.45で終了。CSI300指数 は同0.3%高。

敦沛証券の運用マネジャー、ウィリアム・ファン氏(香港在勤)は 「市場はマネーを必要としており、中国人民銀行(中央銀行)が行動を 起こす可能性がある」と指摘。「投資家は年内の中国の利下げ、または 預金準備率の引き下げを見込んでいる。また、原油価格は底を打った可 能性があり、エネルギー株に妙味があるかもしれない」と述べた。

原題:Chinese Stocks Rise in Hong Kong as Banks Lead Large-Caps Rally(抜粋)

--取材協力:Aipeng Soo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE