NY原油(22日):急反落、世界的供給過剰一段の悪化を警戒

ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)が急反落。石油輸出国機構 (OPEC)が生産目標維持の姿勢を崩していないことから、世界的な 供給過剰が一段と悪化するとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。