日本株は小幅続伸、再編観測の昭シェル急伸-連騰反動が重し

更新日時

22日の東京株式相場は小幅続伸。業界再編観 測の浮上で、昭和シェル石油を中心に石油元売り株が急伸した。国際原 油市況の反発を受け、鉱業や商社株も上昇、不動産株も堅調だった。半 面、連騰後の反動売り、祝日との谷間で持ち高を軽くする動きも出て、 株価指数の上値は重かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。