米大統領:北朝鮮をテロ支援国家に再指定も-サイバー攻撃で

更新日時

オバマ米大統領はソニー・ピクチャーズエン タテインメント(SPE)へのハッカー攻撃について、「サイバー上の 破壊行為だ」と述べ、米国による相応の対応が必要だと語った。

米当局はSPEへの攻撃に北朝鮮が関与したと結論付けたが、北朝 鮮はこれを否定している。

オバマ大統領は21日放映のCNN番組「ステート・オブ・ザ・ユニ オン」のインタビューで、「戦争行為だとは考えていない」と述べ、 「サイバー上の破壊行為であり、非常に犠牲の大きく、高くつくもの だ。われわれは非常に深刻に受け止めている。相応の対応を取る」と表 明した。

年明けに上院軍事委員会の委員長に就任するマケイン議員(共和、 アリゾナ州)は大統領が今回の攻撃をサイバー上の破壊行為と表現した ことを即座に批判。同じCNNの番組で「破壊行為以上のものだ」と指 摘するとともに、「新たな形の戦争行為であり、積極的な対応が必要 だ」と述べた。

大統領は北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかを検討してい ることも明らかにした。北朝鮮は2008年にテロ支援国家の指定を解除さ れている。大統領は「テロ支援国家について、われわれには極めて明確 な基準がある。こうした判断を日々のニュースだけに基づいて下すこと はない」と付け加えた。

北朝鮮の外務省は「米国が根拠のない疑惑を広め、わが国を中傷し ているため、われわれは合同調査を提案する」と表明。米国が提案に応 じない場合は「重大な事態を招く」と警告した。同省の電子メールの声 明を国営朝鮮中央通信が伝えた。

原題:Sony Hack Was Act of ‘Cyber Vandalism’ Not War, Obama Says (1)(抜粋)

--取材協力:Angela Greiling Keane、Chris Strohm、Richard Rubin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE