米SF連銀総裁:来年6月が利上げ検討開始の妥当な時期

米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁 は、インフレ率は米金融当局の目標を下回って推移する公算が大きいと しつつも、来年6月が利上げ開始時期を検討するのに良い時だとの考え を示した。

ウィリアムズ総裁は19日、ブルームバーグラジオとのインタビュー で、「いつ利上げし始めるかを考えるのに、2015年6月が妥当な出発点 になりそうだ」と指摘。「われわれの目標と比較して、米経済がどのよ うな情勢にあるかにそれは左右されるだろう」と付け加えた。

連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は今週、06年以来と なる利上げ時期の検討について、米金融当局は「辛抱強く」なれるとし た上で、15年4月末以前に行動を起こす公算は小さいと説明した。

ウィリアムズ総裁(52)は、17日公表の連邦公開市場委員会 (FOMC)声明に「辛抱強く」との文言を新たに取り入れたのは、金 利が上昇し始める時期に向けた「自然な成り行きだ」と話した。同総裁 は15年のFOMC投票権メンバー。

原題:Williams Sees June as Time to Start Weighing Higher Fed Rate (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE