スペイン債上昇、独債とのスプレッドが縮小-量的緩和観測で

欧州債市場では今週、スペイン10年債が上昇 し、利回りが3カ月ぶりの大幅低下となった。欧州中央銀行(ECB) が2015年にソブリン債購入を開始するとの観測から国債利回りは過去最 低を付けたものの、投資意欲を損なう状況にはないことが示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。