ポーランド通貨が約1年ぶり安値、ロシア危機波及を懸念

19日のポーランド金融市場では、通貨ズロチ が約1年ぶりの安値まで下落。同国債も売られた。通貨急落で広がった ロシアの経済危機の影響が近隣諸国にも波及するとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。