ロシア・ルーブル上昇-銀行間市場の資金逼迫で需要

更新日時

19日のロシア・ルーブルは上昇。週初の緊急 利上げを受けて銀行間市場で短期資金の逼迫(ひっぱく)が悪化し、ル ーブル需要が強まった。

中央銀行は臨時のレポ入札で3日物資金約4880億ルーブルを供給し た、銀行間金利の指標である翌日物モスプライムレートは18日に8年ぶ り高水準の27.3%となっていた。19日は230ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下し25%となった。

モスクワ時間午後2時50分現在、ルーブルは3.9%高の1ドル =59.1995ルーブル。前週末比の下落率は1.7%に縮小した。

緊急利上げで政策金利は16日から17%(従来10.5%)となってい る。同日のルーブルは一時、1ドル=80.10ルーブルまで下げた。

原題:Ruble Advances as Cash Crunch From Higher Rates Supports Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE