日産ゴーン氏、ルーブル安が続くならロシアで値上げしていく

日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任 者(CEO)はロシアでの事業について、ルーブル安が続くなら、値上 げしていく考えを示した。

ゴーン氏は19日に横浜市内で、ロシアで一部のモデルについて、注 文を受けることを控えたと記者団に明らかにした。

資源輸出で稼いできたロシアでは、ウクライナ問題をめぐる経済制 裁や原油価格が下落する中、通貨のルーブルが大幅に下落している。プ ーチン大統領は、最悪シナリオで現状が2年ぐらい続くこともあり得る と述べている。そのロシアで日産・ルノー連合は現地のアフトワズと協 力関係にある。

日産・ルノー・アフトワズはロシア市場で30%台半ばのシェアを占 めており、ゴーン氏は2016年までに40%を目指していると話した。

日産はロシアで販売する車両の7割を現地生産化しており、16年ま でに9割へ引き上げる計画だ。

一方、日産は日本で年間100万台規模の生産を続けるとしてきた。 国内生産100万台の維持について、ゴーン氏は懸念していないと述べ た。来年の日本からの輸出は増えると予想しており、円安の中で国内生 産拡大は理にかなっているとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE