対ロシア制裁、行き過ぎの危険性-デンマーク外相

デンマークのリデゴー外相は、経済制裁がロ シアに過度の打撃をもたらす危険性が高まっているとの見解を示した。 原油価格が下落する中、ロシアはリセッション(景気後退)に陥ると予 想されている。

リデゴー外相は18日、コペンハーゲンでインタビューに応じ「制裁 がロシアを過度に不安定にするリスクがある」と指摘。「制裁の目的は ロシア経済を崩壊させることでは決してなかった。そうなればロシア国 内に想像を絶する社会的影響を及ぼし、欧州経済にも打撃を与えると予 想されることなどがその理由だ。ロシアの政策決定者らに圧力をかける ことが目的だった」と述べた。

同外相は、欧州連合(EU)はロシア経済がさらに痛手を負わない よう慎重になるだろうと予想。「制裁体制が現時点で非常に効果を挙 げ、毎週圧力が高まっているため、これ以上制裁を強化することはない だろう」とした上で、制裁が解除されるためには「ロシアとウクライナ の国境が再び設定され、事態がプラス方向に進展する必要がある」との 見方を示した。

原題:Sanctions Now Risk Being Too Painful for Russia, Denmark Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE