ゴールドマン、ウォルドロン氏を投資銀行部門の共同責任者に

米ゴールドマン・サックス・グループは投資 銀行部門で3人目の共同責任者にジョン・ウォルドロン氏を起用した。 これまで共同責任者を務めていたジョン・ワインバーグ氏は、顧客との 関係を発展させる業務に携わる。

ブルームバーグ・ニュースが18日入手した行内資料によると、ウォ ルドロン氏(45)は現在、投資銀行サービスおよびクライアントカバレ ッジを担当するグローバル責任者。投資銀行部門のリチャード・ノッド (54)、デービッド・ソロモン(52)両共同責任者と共に同部門を率い ることになる。

ワインバーグ氏(57)はゴールドマンの3人の副会長のうちの1人 で、父親や祖父が50年以上にわたってゴールドマンの経営に関与してき た。同氏は投資銀行部門の共同責任者を12年間務めた。行内資料による と、今後は全部門にわたる計画に関与する。資料の内容は同行の広報担 当デービッド・ウェルズ氏が確認した。

ウォルドロン氏はベアー・スターンズを経てゴールドマンに2000年 に入社。同氏に親しいとされるソロモン氏がその1年前にベアー・スタ ーンズから移籍している。ウォルドロン氏はレバレッジドファイナンス のほか、プライベートエクイティ(PE、未公開株)会社に助言する部 門などゴールドマンにとって重要性が高まっている分野を率いてき た。02年にパートナーとなった同氏は今後、経営委員会のメンバーに加 わる。

原題:Goldman Sachs’s Waldron Replaces Weinberg as Banking Co-Head (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE