中国:2013年のGDP上方改定-マレーシア1カ国分引き上げ

中国は2013年の国内総生産(GDP)を3088 億ドル(約36兆7400億円)上方改定した。マレーシア1カ国のGDPに ほぼ匹敵する規模を引き上げたことになる。

中国国家統計局は19日公表の全国経済調査の数値を踏まえた結 果、13年のGDPが58兆8000億元(約1120兆円)になったと発表した。 これは従来発表値より3.4%大きい。マレーシアの13年のGDPは3120 億ドルだった。

今回の改定規模は、前回08年の全国経済調査後の見直しに比べると 小幅だった。急成長するサービス業のデータがより正確になったことを 反映している。GDPの規模が大きくなったことで中国の債務が相対的 に小さく見え、当局が成長押し上げに取り組む余地が広がる可能性があ る。中国の今年の成長率は1990年以来の低い伸びにとどまる見通しだ。

全国経済調査は製造業とサービス業のデータ収集を目的に約5年ご とに行われている。第1回調査後は2004年のGDP規模が16.8%、第2 回調査後は08年のGDPが4.4%それぞれ上方改定された。

原題:China’s GDP Revision Adds Output Equivalent to Malaysian Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE