アライが米政府の救済プログラムから脱却へ-財務省の保有株売却で

米アライ・ファイナンシャル(旧GMAC) は18日、米政府が残りの保有株を売却するのに伴い、問題資産購入計画 (TARP)から脱却すると発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。