ブラジル株:ボベスパは下落-原油相場安でペトロブラスに売り

18日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が下落。供給過剰が膨らむとの懸念から原油価格が下落し、ブラ ジル石油公社(ペトロブラス)が売られた。

ペトロブラスは2.1%安。時価総額でブラジル2位の製紙会社スザ ーノ・パペル・エ・セルローゼは1.3%下落。商品相場安と通貨レアル 高が嫌気された。イタウ・ウニバンコ・ホールディングは0.8%値下が りした。

ボベスパ指数は前日比0.4%安の48495.70で終了。一時は1.8%高と なる場面もあった。指数を構成する70銘柄のうち43銘柄が下落した。通 貨レアルはサンパウロ時間午後5時47分(日本時間19日午前4時47分) 現在、2%高の1ドル=2.6618レアル。

コンサルタント会社モネユーのエコノミスト、ジェイソン・ビエイ ラ氏は電話インタビューで、「国内および国外の展開は引き続き不確か で、ブラジル市場は不安定な状態が続くだろう」と指摘。「時折見せる 反発の動きはしっかりした上昇基調を示すものではない」と述べた。

原題:Ibovespa Declines as Petrobras Drops With Oil, Commodity Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE