NY金:2週間ぶり安値から持ち直し、現物需要増加の兆しで

ニューヨーク金直物相場は2週間ぶり安値か ら持ち直した。現物需要が増加しつつある兆しが手掛かり。

マレックス・スペクトロン・グループの貴金属担当責任者、デービ ッド・ゴベット氏は「現物需要は健全だ」とのリポートを電子メールで 配布。「これが月内は金の下値を引き続き支えるだろう」と分析した。

ニューヨーク時間午後1時45分現在、金直物相場は0.5%高の1オ ンス=1195ドル。前日は一時1183.89ドルと、1日以来の安値をつけ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.1%未満上げて1オンス=1194.80ドルで終了した。

銀先物3月限は0.1%未満高い1オンス=15.934ドル。プラチナ先 物1月限は0.2%安の1197.10ドル。パラジウム先物3月限は1.7%上昇 の792.15ドル。

原題:Gold Rebounds From Two-Week Low on Signs of Swiss, China Demand(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim、Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE