個人預金頼りの米ウェルズ、時価総額が米史上最高の銀行に

米銀ウェルズ・ファーゴが時価総額で世界最 高の銀行に上り詰めた背後には、競合大手は好まないが監督当局が支持 する低コストで信頼性の高い資金源がある。つまり個人向け (リテー ル)銀行の預金だ。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ウェルズ・ファーゴは 資金の78%を預金から得ている。このうち90%は大手金融機関の預金に 比べて停留期間が長く、額も低い個人などの預金、いわゆるコア預金 だ。ウェルズの預金額は過去7年間で3倍以上に膨らんだ。

ジョン・スタンプ最高経営責任者(CEO)の下で、ウェルズは大 手銀の多くが推進するユニバーサルバンキングよりも、地銀で多く見ら れる個人や企業、不動産融資に注力してきた。ウェルズは今月、米金融 史上で最も時価総額が高い銀行となった。これまでの最高はシティグル ープが01年に記録していた。

シーラ・ベアー前米連邦預金保険公社(FDIC)総裁は電話イン タビューで、「消費者密着型の業務を重視する銀行はリターンが高く、 コンプライアンスの順守でも問題が少ない」と述べ、「顧客との関係を 表すコア預金は非常に安定しており、当局と同様、市場もそのことを評 価している」と述べた。

原題:Wells Fargo Rides Retail Deposits to Be Most-Valuable Bank (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE