ロンドン住宅市場、ロシア人が消えた-「超」大金持ちは健在

ロンドンの高級住宅市場から裕福なロシア人 たちが消えつつある。価格を天井へと押し上げた外国人による住宅購入 をけん引してきたロシアの富裕層だが、今では「超」の付く大金持ちし か残っていない。

住宅仲介業者、クリスティーズ・インターナショナル・リアル・エ ステートにロンドンの物件購入希望者として登録しているロシア人の数 は、ここ1年で70%減少。同社のシニア・バイス・プレジデント、ガイ ルズ・ハナ氏が述べた。残りが超大金持だけになった結果、1000万ポン ド(約18億6000万円)未満の価格の売り出し物件は急減した。

ハナ氏は過去2年のロンドン不動産売買で、ロシア人顧客にアドバ イスした物件の合計額が1億8000万ポンド相当になるという。ロシア人 が「引き出せる金額を銀行が制限している」と同氏は指摘。こうした影 響は今後さらに強まるとの見通しを示した。「超富裕層だけはまだ、ロ ンドンでお金を使っている。既にロンドンに銀行口座を開設し、自分の 弁護士を持っているので物を買うことができる」と付け加えた。

高級物件専門の仲介業者アイルズフォード・インターナショナル・ エステート・エージェンツのアンドルー・ラントン会長は電話で、ロシ ア人の買い手が「一夜で消えた」と、その急減ぶりを表現した

共産主義の崩壊後に富を築いた超大金持ちだけは健在で、仲介業者 ナイト・フランクの11月25日付リポートによれば、1000万ポンド超の物 件については10月までの半年間の買い手の21%がロシア人で、その前の 半年の13%から増えていた。

原題:Russians Quit London Luxury-Home Market as Only Richest Stay (3)(抜粋)

--取材協力:Ksenia Galouchko.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE