プーチン大統領、強硬姿勢-国民には景気後退2年の覚悟促す

ロシアのプーチン大統領は18日の年次記者会 見で、現在の危機は米欧がロシア経済の弱体化を図っているものだと非 難。揺るがない強硬姿勢を示した。通貨ルーブルの急落は外的要因によ るものだとも述べた。またリセッション(景気後退)が2年続くことも あり得るとして、国民に覚悟を促した。

プーチン大統領はロシアを熊に例え、米欧が「鎖につなごうとして いる。つないだらすぐに、牙や爪を抜いてしまうつもりだ」と語った。

数百人の記者団を前に3時間以上に及ぶ会見は、世界中にテレビ中 継された。1998年以来最悪の金融混乱について国民を安心させる機会だ が、原油安の中でプーチン大統領が取れる景気支援策には限りがある。 大統領はこの日、原油価格が1バレル=40ドルになる事態にも備えなけ ればならないと述べた。

プーチン大統領は「外部経済環境についての最悪シナリオでは、現 在の状況が2年続くこともあり得る」と警告。「状況が極めて悪い時は 計画を変更し、何かを切り詰める必要が生じる」と国民に理解を求め た。

ルーブル下落に対する新たな対応策には言及せず、原油安とウクラ イナをめぐる米欧からの制裁に直面している今、外貨準備を浪費するべ きではないと述べた。

欧州外交評議会(ECFR)の客員研究員、マシャ・リプマン氏は 「プーチン大統領はロシアの経済的苦境を全て邪悪な米欧のせいにし て、状況を反転させる政策を全く示唆しなかった。自分は常に正しく、 反省することなど何もないという強硬姿勢は変わらない」と話した。

原題:Putin Strikes Uncompromising Tone Over Crisis Hitting Russia (2)(抜粋)

--取材協力:Stepan Kravchenko、Olga Tanas、Anna Andrianova、Ekaterina Shatalova、Naomi Kresge、David McQuaid.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE