スイス中銀、マイナス預金金利を1月導入-フラン上限死守へ

更新日時

スイス国立銀行(中央銀行)は18日、マイナ ス金利を導入すると発表した。ロシアの金融危機と欧州中央銀行 (ECB)の緩和拡大見込みが資金流入を促しスイス・フランに上昇圧 力がかかる中、1970年代以来となるマイナス金利の導入を決めた。

声明によれば、市中銀行は中銀に預ける要求払い預金につい て0.25%の金利を支払うことになる。適用は来年1月22日から。同日に はECBが来年最初の政策決定会合を開く。

ロシア中銀の緊急大幅利上げ後もルーブル売りが止まらなかったこ とで、スイスへの資金流入が加速したとみられる。ECBは量的緩和 (QE)を実施する公算があり、スイス中銀はフランの対ユーロ相場の 上限である1ユーロ=1.20フランを死守するため行動した。

スイスクオートの市場戦略責任者、ペーター・ローゼンストライヒ 氏は「特効薬というわけではないが時間稼ぎにはなる」と指摘。ただ 「圧力は当面弱まるだろうが、それは長続きしないだろう」と述べた。

中銀は政策金利であるフラン建て3カ月物ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)誘導目標レンジをマイナス0.75%-プラス0.25%に拡大 した。

フランの上限を「最大限の決意」を持って守り、必要な場合はさら なる措置を講じると表明した。

マイナス金利は残高1000万フラン(約12億円)以上の預金に適用さ れる。

原題:SNB Imposes Negative Rate as Russian Crisis Pressures Franc (2)(抜粋)

--取材協力:Jan Schwalbe、Jana Randow、Paul Verschuur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE