中国短期金利、9カ月ぶり大幅上昇-IPO集中で資金需要

中国の短期金融市場で18日、指標の7日物レ ポ金利が9カ月ぶりの大幅上昇となった。今後1週間ほどの間に新規株 式公開(IPO)が集中することから資金需要が高まっている。

銀行間資金の取引センターNIFCがまとめた加重平均によると、 7日物レポ金利は上海時間午前11時23分(日本時間午後0時23分)現 在、前日比72ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.61% と、3月以来の大幅上昇。水準も3月以来の高さとなった。上海証券取 引所の7日物レポ金利は269bp上昇の12.94%。

申銀万国証券によれば、18-25日に予定されているIPO12件に対 して最大3兆元(約57兆円)の注文が見込まれる。

ブルームバーグがまとめたデータによると、1年物金利スワップレ ートは7bp上昇の3.40%。

原題:China Money Rate Jumps Most in Nine Months as IPOs Lock Up Funds(抜粋)

--取材協力:Xize Kang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE