ブルゴーニュ産ロマネ・コンティ値上がり-ボルドー産も回復

フランスのブルゴーニュ地方で生産された高 級ワイン、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティが大幅に値上がりして いるため、投資家がボルドー産高級ワインに再び投資し始める可能性が あるとの見方を、Liv-exワイン取引所の共同創業者でマネジング ディレクターのジェームズ・マイルス氏が示した。

ロマネ・コンティのビンテージワインの一部の価格は、1本当たり 1万ドル(約120万円)を上回っている。マイルス氏はロンドンでのイ ンタビューで「ロマネ・コンティは若干値動きが激しくなっている」と 指摘した。

同氏はまた、多くのボルドー産について、その価格が2008年のリー マン・ブラザーズ・ホールディングス破綻後の水準に下落しているとも 説明。「第1級ワインはピークから40%値下がりしているため、ボルド ー産の魅力がかなり高まりつつある」と語る。

マイルス氏によると、ボルドー産第1級ワインの価格の回復は鈍い と予想されるが、Liv-ex高級ワイン100指数は1年4カ月にわた って低下した後、ここ4カ月間は上昇しており、回復が始まっている可 能性があると述べた。

原題:Romanee-Conti Burgundy Advance Makes Bordeaux Look More Tempting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE