スマホゲームのgumiが東証1部新規上場、初値は変わらず

スマートフォンゲームの企画・開発・運営を 行うgumiが18日、東証1部市場に新規株式公開(IPO)した。公 開価格の3300円に対し、初値は変わらずの3300円だった。

同社は2007年6月の設立で、東京都新宿区に本社を置く。スマホ向 けロールプレーイングゲーム「ブレイブフロンティア」やリアルバトル ゲームの「ドラゴンジェネシス」などで知られ、「ファントムオブキ ル」「青春姫」など女性キャラクターを主人公にしたゲームも多い。09 年8月からミクシィ、10年からディー・エヌ・エーのモバゲー、グリー へのゲーム提供を開始した。

15年4月期の連結業績計画は、売上高が前期比2.8倍の310億円、営 業損益は13億2900万円の黒字(前期は1億200万円の赤字)、1株損益 は31円30銭の黒字を計画。上場に際し公募150万株、オーバーアロット メントを含む売り出し1214万7200株を実施。主幹事は野村証券が務め る。大株主上位には、ジャフコのファンドやグリーが並ぶ。

野村証では、ポートフォリオ戦略に基づく海外展開やパブリッシン グ、他社との協業が強みとし、同証による16年4月期営業利益予想を前 期推定比3.9倍の75億8000万円、17年4月期を103億円とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE