OPECの今年の原油輸出収入、前年比14%減予想-米EIA

石油輸出国機構(OPEC)の2014年の原油 輸出収入(イランを除く)は7030億ドルとなり、前年に比べて14%減少 する見通しだ。米エネルギー情報局(EIA)が17日発表した報告書に よると、15年の輸出収入は一段の減少が予想される。

EIAによれば、今年の輸出収入は2010年以来の低水準の見込み。 来年も4460億ドルと、さらに前年比37%減少が予想されるという。

EIAの報告書によると、来年の北海ブレント原油の平均価格は1 バレル=68ドルと14年の同100ドル、13年の同109ドルから落ち込む見込 み。

同報告書は原油安の影響が最も大きくなりそうな国としてベネズエ ラとイラク、エクアドルを挙げた。報告書にイランが含まれていないの は、同国の核開発計画の阻止に向けた制裁で原油輸出が困難になり、 EIAが同国の収入を推計することが難しくなったため。

原題:OPEC Oil Revenue to Tumble as Prices, Exports Decline, EIA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE