中国人エリート生徒、学費1200万円のスイスの学校で世界学ぶ

スイスで最も伝統ある全寮制学校アンスティ テュ・ル・ロゼでは、全ての生徒がすぐに午後のスキーの授業に参加す るわけではない。

「アジア出身の生徒の一部は、入学したばかりのころはスキーの仕 方を知らないので数週間は大変だ。でも最後には皆、スキーがとても好 きになる」。8-18歳の男女が学ぶル・ロゼのクリストフ・ギュダン副 代表はそう語る。同校は1-3月にはレマン湖のほとりからスキーリゾ ートのグシュタードに移って授業をする。「基本的に、スキーが嫌いな ら好きになるように習うか、他の学校に行かなければならないだろう」 と同氏は言う。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記も通ったスイスの全 寮制学校の学費は年間約10万スイス・フラン(約1200万円)に達する場 合もある。世界の富がアジアに移行する中、スイス全寮制学校の中国人 の生徒数は過去最多に達している。

学費が英国や米国の2倍に上ることもあるスイスの全寮制学校は、 フランス語と英語の2カ国語による授業に加え、スキーや乗馬などを習 得できる点で際立っている。私立学校・大学のロビー団体、スイスラー ニングのクリストフ・クリバス代表によると、スイスの上位全寮制学校 の入学者に占める中国人の割合はここ3年間に1%から5%に増えた。

クリバス氏は「スイスでは一番おいしいチョコレートと最高級の腕 時計が製造され、世界屈指の銀行があるほか、最高の学校もある」と説 明。同氏によると、中国のほかブラジルやインド、ロシアから入学する 生徒も増加している。

ル・ロゼは1880年、レマン湖のほとりの町、ロールの近郊に創設さ れた。卒業生にはエドワード英王子のほか、イランやベルギーの元国王 らが名を連ねる。クリバス氏は同校の学費について、スイスの治安の良 さや多言語教育、環境、活動から考えて妥当だと述べた。

原題:China Elite Taught Global View in $103,000-a-Year Swiss Schools(抜粋)

--取材協力:Jan Schwalbe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE