インドネシア・ルピア、10月以来の大幅高-中銀が介入公表

インドネシア・ルピアは18日、ドルに対し上 昇し、上げ幅は7週間ぶりの大きさとなっている。17日発表された米連 邦公開市場委員会(FOMC)声明で利上げ開始まで「辛抱強くなれ る」との姿勢が示されたほか、インドネシア中央銀行がルピアを支える 市場介入を実施したと公表した。

ルピアはジャカルタ時間午前9時39分(日本時間同11時39分)現 在、0.7%高の1ドル=1万2570ルピアと、10月29日以来の大幅高。新 興市場資産が売られる中でルピアは15日、1万2698ルピアと1998年8月 以来の安値で引けていた。

インドネシア中銀のアディチャスワラ上級副総裁は17日、ルピア防 衛のため同中銀が16、17両日、市場介入を実施したことを明らかにし た。1万2300ルピアを超えるルピア高水準なら介入を控えるとも説明。 同中銀は1万1900-1万2300ルピアの水準を好ましいと考えているとも 述べた。

原題:Rupiah Rises Most Since October After Fed Pledges Rate Patience(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE