中国版ベージュブック:中国経済はサービス業のけん引で改善

中国経済はサービス業が成長を押し上げ、製 造業が支えたことから10-12月(第4四半期)に安定し、大規模な刺激 策を講じないことの妥当性が示された。民間調査のチャイナ・ベージュ ブックでこうした指摘がなされた。

ニューヨークに本社を置くCBBインターナショナルが発表する同 調査によれば、中国経済は7-12月(下期)に底打ちした。調査は、サ ービス業がけん引する形で企業と労働者の経済活動は上向きつつあり、 実体経済は追加刺激策を必要としていないと分析した。

同社のリーランド・ミラー社長は発表資料で「中国経済は安定し、 4-6月(第2四半期)の低水準から緩やかに力強さを増しつつある」 とコメント。「景気回復は確かに目覚ましいものではないが、売上高と 利益、雇用は全て下期に若干改善した」と説明した。

同調査は米連邦準備制度理事会(FRB)の地区連銀経済報告(ベ ージュブック)をモデルにしている。

原題:China Beige Book Finds China’s Economy Stabilizing on Services(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE