LME鉛:2年4カ月ぶり安値、中国の需要懸念-銅は上昇

17日のロンドン金属取引所(LME)の鉛相 場は2年4カ月ぶりの安値となった。世界最大の消費国である中国で需 要が減退するとの懸念が広がった。米利上げ時期が近づきつつあるとの 見方から、ニッケルなども下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。