ロシアの銀行取り付け騒ぎは「起こり得る」-ウラルシブ

ロシア経済は「急停止」状態になる可能性が あり、銀行取り付け騒ぎは「起こり得る」と、ウラルシブ・キャピタル のアナリストが指摘した。

ウラルシブ・キャピタル(モスクワ)で調査担当の副責任者を務め るスラバ・スモリアニノフ氏は17日、電子メールでリポートを公表し、 「ホリデーシーズンに向かって本来ならば静かな1週間であるはずだ が、ロシアでは本格的な通貨・金融危機のシナリオが進みつつあるよう だ」と指摘。「経済が急停止状態になるリスクがあり、それは銀行や全 体的な金融システムを伴うものになるだろう。従って、本格的なパニッ ク状態が生じた場合の金融リスクの度合いを過小評価していたかもしれ ない。銀行取り付け騒ぎは起こり得る」と続けた。

原題:Russian Bank Run Could Be ‘in the Cards,’ UralSib Capital Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE