三菱UFJとJPモルガン、エネルギー関連融資が最大-シティ

三菱UFJフィナンシャル・グループと米銀 JPモルガン・チェースが、エネルギー企業に対するエクスポージャー が最も大きいと、シティグループのアナリストらが指摘した。5年ぶり 低水準にある原油相場の影響を受けやすいことになる。原油相場は今年 に入り約45%下落している。

2012年-14年12月にかけて三菱UFJが行った石油・ガス業界向け 協調融資は649億ユーロ(約9兆4400億円)程度、JPモルガンは約587 億ユーロだと、ロニット・ゴース氏らシティのアナリストが17日のリポ ートで概算を示した。融資高が次に多いのはウェルズ・ファーゴの証券 部門で544億ユーロだという。

原題:Mitsubishi UFJ, JPMorgan Are Top Energy Lenders, Citigroup Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE