インド株(終了):2カ月ぶり安値、製薬株や自動車株に売り

17日のインド株式相場は下落し、指標のS& Pセンセックス指数は2カ月ぶり安値となった。世界株安の中、海外勢 がインド株を5営業日連続で売り越し、製薬株や自動車関連銘柄を中心 に下げた。

サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは7週間ぶり安 値となり、製薬株の指数は3日続落した。たばこメーカーのITCは4 営業日続落。4日での下げは半年ぶりの大きさになった。二輪車メーカ ーのヒーロー・モトコープは2.3%安で、自動車株の指数は5日続落 と2013年12月以降で最長の連続安。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.3%安の26710.13で終 了。前日は7月以来で最大の下落となっていた。15日までの5営業日で 海外勢はインド株を3億3400万ドル売り越した。

原題:Sensex Has Longest Losing Streak Since July as India’s ITC Drops (抜粋)

--取材協力:Rajhkumar K Shaaw.