ロシア外相:ウクライナの領土保全を支持-融和的な姿勢示す

ロシアのラブロフ外相はウクライナ危機の解 決にやや楽観的な見方を示した。ウクライナと親ロシア派武装勢力との 停戦合意を受けて、12月11日以降は死者が報告されていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。