中国株:上海総合が4年ぶり高値、政策緩和観測で-金融株高い

更新日時

中国株式相場は上昇。上海総合指数が約4年 ぶりの高値となった。当局が金融政策の緩和や、証券会社にとって信用 取引需要の拡大につながる可能性のある資本規制の緩和に動くとの観測 が広がった。

中信証券(600030 CH)は10%上げ、海通証券(600837 CH) は8.4%高。金融株の指数は2008年以来の高値となった。中国工商銀行 (601398 CH)は5.2%上昇し、中国建設銀行(601939 CH)は5.3%高。 一方、江西銅業(600362 CH)が2%下げるなど、資源株は下落。香港 市場ではカジノ株が値下がりした。

本土市場では上海総合指数が前日比1.3%高の3061.02で終了。 CSI300指数は1.7%高。CSI300の業界別指数では、金融株指数 が5.3%上げた。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「証券会社にはしっかり としたファンダメンタルズの支援材料がある。このセクターは強気相場 から最大の恩恵を受けるため、来年の利益は大きく改善するだろう」と 指摘した。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が1.2%高。一方、 ハンセン指数は0.4%安で引けた。

原題:Shanghai Composite Rises as Financials Advance to Six-Year High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE