米アメリカンアパレル:シュナイダー氏を次期CEOに指名

米衣料品メーカーのアメリカンアパレルは、 小売業界に精通しているポーラ・シュナイダー氏を次期最高経営責任者 (CEO)に指名した。6月に不正行為を理由に停職処分を受けていた 創業者ダブ・チャーニー氏は解雇される。

16日の発表資料によると、BCBGマックス・アズリアなどのトッ プを務めた経歴を持つシュナイダー氏は来年1月5日にCEOに就任す る。チャーニー氏の停職後に暫定CEOを務めていたスコット・ブルベ イカー氏から業務を引き継ぐ。

シュナイダー氏は発表資料で、「アメリカンアパレルをより良い会 社にする一方で、品質と創造性の基本的な価値観に忠実であり続け、今 後もスウェットショップ・フリー(労働者の搾取環境を排除すること) とメイド・イン・アメリカの信念を守り続けることが目標だ」と述べ た。

チャーニー氏は有給のコンサルタントとして社に残留していたが、 アメリカンアパレル取締役会の特別委員会は同氏は退社するべきだとの 判断を示した。同氏はセクハラに関する社の方針に違反したほか、会社 の資金で家族の旅行代を支払うなどの不正行為があったとして、取締役 会が解任を求めていた。

原題:American Apparel Names Schneider as CEO After Firing Charney (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE