ペトロブラス、スタンドアローン信用力はジャンク級-S&P

米格付け会社スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)はブラジル石油公社(ペトロブラス)について、政府支援 を考慮に入れないスタンドアローン信用格付けをジャンク級(投機的水 準)の「BB」に引き下げた。2段階の格下げとなる。

S&Pは16日発表した資料で、ペトロブラスをめぐる汚職捜査で同 社が海外債券市場を利用するのが難しくなることを格下げの理由に挙げ た。一方、通常の信用格付けについては投資適格級で最低の「BBB -」に据え置いた。同社が政府支援を得られる可能性は「非常に高い」 としている。

国内で過去最大規模となるマネーロンダリング(資金洗浄)捜査に 伴いペトロブラスが決算発表を延期したことを受け、指標となる同社 の2021年償還債価格は額面1ドル当たり88セント前後に下落、最安値と なった。ペトロブラスは12日、資本市場を来年利用しなくてすむための 措置を講じたと説明。捜査や原油安を背景に同社は精製や掘削への支出 抑制を進めていると関係者2人は話している。

S&Pのアナリストらは「ペトロブラスの流動性低下が見込まれる ほか、資金調達が制限され、現在の捜査を踏まえキャッシュフローが軟 調になる可能性」を織り込んだとコメント。流動性は「不十分」だとし ている。

原題:Petrobras Stand-Alone Rating Lowered to Junk by S&P Amid Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE