英中銀議事録:7対2で金利を維持-一段の賃金上昇が必要

更新日時

イングランド銀行(英中央銀行)の金融政策 委員会(MPC)は12月、7対2で政策金利据え置きを決めた。賃金上 昇に「期待が持てる」ことは中期的なインフレ見通しに関する懸念を喚 起するのに十分ではないと多数派が論じた。17日公表された議事録が示 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。